「慰謝料を請求された」の解決事例

妻から婚姻費用、離婚及び養育費、財産分与、慰謝料を求められた事例

依頼結果

希望する子の親権取得、当方主張額での養育費合意、財産分与において一部特有財産認定、慰謝料の支払いなし、当方主張額での婚姻費用合意

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約1年3か月 事案と結果 希望する子の親権取得、当方主張額での養育費合意、財産分与において一部特有財産認定、慰謝料の支払いなし、当方主張額での婚姻費用合意 事案の詳細 本件は、夫が妻から、調停を申立てられ、離婚、子らの親権、養育費、財産分与、慰謝料、婚姻費用を求められた事案です。 依頼者である夫は、親権取得を希望していました。そこで 解決のポイントを見る >>

ダブル不倫により慰謝料請求をされたが、支払金額を減額し2ヵ月程度の早期解決をした事案

依頼結果

請求金額を200万円以上減額

依頼者:夫 相手方:不倫相手の夫 受任から解決までの期間:約2か月 事案と結果   不倫相手の夫から慰謝料を請求されたが、請求金額を200万円以上減額し依頼者、依頼者妻、不倫相手、不倫相手の夫との間で合意書を作成した。   事案の詳細   本件は、妻のいる依頼者が、既婚女性と不倫関係となり、不倫相手の夫から350万円を超える慰謝料を請求さ 解決のポイントを見る >>

調停で離婚が成立し、スピーディーに解決した事例

依頼結果

依頼者の主張通りに調停離婚が成立し、受任から解決まで1ヵ月で解決

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約1か月 事案と結果 慰謝料支払いの必要性、養育費、財産分与の額について依頼者の主張通りに調停離婚が成立し、受任から解決まで1ヵ月で解決した事例   事案の詳細 本件は妻が依頼者の夫に対し、離婚調停を申し立てた事例です。 依頼者である夫は、夫婦喧嘩の際に妻に大声を出したことを理由に妻が出て行き、別居を開始。夫から妻に 解決のポイントを見る >>

知人女性の夫から、慰謝料を請求された事例

依頼結果

50万円の支払いで和解が成立

依頼者:男性 相手方:知人女性の夫 受任から解決までの期間:約1か月 事案と結果 知人女性の夫に対する、50万円の支払いで和解が成立した事例です。 事案の詳細 依頼者の男性が、知人女性の夫(相手方)から慰謝料を請求された事案です。 依頼者の男性は、当所に相談に来られる前に、すでに相手方と直接話し合いを終えており、その際50万円の支払いを依頼者自ら提示して相手方も納得していました。 解決のポイントを見る >>

不貞相手の夫から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼結果

最終的に50万円で示談が成立

依頼者:男性 相手方:不貞相手の夫 受任から解決までの期間:約1か月半 事案と結果 不貞相手の夫から、不貞慰謝料として150万円を請求されたが、最終的に50万円で示談が成立した事例です。 事案の詳細 依頼者は当初から不貞の事実を認めており、慰謝料を支払う意向を示していました。 もっとも、依頼者が自認していた不貞の期間等からしても請求金額が同様の事例と比較して高額であったため、減額交渉 解決のポイントを見る >>

協議による離婚の成立

依頼結果

養育費及び慰謝料について減額の上協議離婚が成立

依頼者:妻(30代,女性,会社員) 事案と結果 養育費及び慰謝料について減額の上協議離婚が成立した事例です。 事案の詳細 本件は、夫と妻との協議離婚を成立させた事例です。 本件の依頼者は,不貞行為を行ってしまったいわゆる「有責配偶者」でした。 依頼者は,相手方との離婚を希望していましたが,相手方はかなり攻撃的な性格で話し合いをしようとしても応じてくれない状況でした。 また,離婚の 解決のポイントを見る >>

調停による相手方請求の減額

依頼結果

高額な養育費及び慰謝料について減額の上調停離婚が成立

依頼者:夫(30代,男性,会社員) 事案と結果 養育費及び慰謝料について減額の上調停離婚が成立した事例です。 事案の詳細 本件は、夫と妻との調停離婚を成立させた事例です。 相手方は,依頼者の離婚の要請に応じる姿勢を見せていましたが,養育費と慰謝料としてかなり高額な金額を求めていました。 また,養育費と慰謝料の減額を求めるのであれば,離婚時期を数年後にするよう提案をして来ていました。 解決のポイントを見る >>

知人男性の元妻から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼結果

200万円請求されたが、最終的に120万円で和解が成立

依頼者:女性 相手方:知人男性の元妻 受任から解決までの期間:約8か月 事案と結果 知人男性の元妻から、不貞慰謝料として200万円請求されたが、最終的に120万円で和解が成立した事案です。 事案の詳細 依頼者の女性が、知人男性の元妻(相手方)から不貞行為を理由として慰謝料を求める訴訟を提起された事案です。 この事案では、相手方は、依頼者の不貞により婚姻関係が破綻し離婚に至り、多大 解決のポイントを見る >>

慰謝料名目で次々に金銭的請求をしてくる不倫相手の妻と示談が成立し,不倫相手との間も関係を清算した事例

依頼結果

依頼者は既払い額以外の債務が無いこと、第三者に本事案を口外しないこと等を認める合意書を締結し、示談が成立

依頼者:女性 相手方:不倫相手男性の妻 受任から解決までの期間:約3か月 事案と結果 依頼者である女性が、不倫相手男性の妻から、慰謝料名目で次々に金銭的請求されていましたが、不倫相手の妻及び不倫相手の男性との間で正式に示談が成立した事案です。 事案の詳細 女性(以下、「依頼者」といいます。)が、元不倫相手であるの妻との間で慰謝料についての示談を行った事案です。 この事案では、依頼 解決のポイントを見る >>

不倫相手男性の妻から、高額な不貞慰謝料を請求された事例

依頼結果

慰謝料を400万円から70万円に減額

依頼者:女性 相手方:不倫相手男性の妻 受任から解決までの期間:約4か月 事案と結果 不倫相手男性の妻から、高額な不貞慰謝料を請求されたが、最終的に70万円を支払う内容で和解が成立した事例 事案の詳細 当該事案では、相手方は、依頼者と相手方夫との不貞により多大な精神的苦痛を受けたと主張して、依頼者に対し、400万円という高額な慰謝料を請求していました。 依頼者は当初から不貞の事実 解決のポイントを見る >>

<< 次のページを見る