調停による相手方請求の減額

依頼者:夫(30代,男性,会社員)

事案と結果

養育費及び慰謝料について減額の上調停離婚が成立した事例です。

事案の詳細

本件は、夫と妻との調停離婚を成立させた事例です。
相手方は,依頼者の離婚の要請に応じる姿勢を見せていましたが,養育費と慰謝料としてかなり高額な金額を求めていました。
また,養育費と慰謝料の減額を求めるのであれば,離婚時期を数年後にするよう提案をして来ていました。
当事務所では,依頼者の話を伺う限り,交渉での解決は困難であると判断し,早急に離婚調停を申立てました。
申立てに合わせて,早期解決のために,依頼者の収入資料を裁判所に提示し,相手方の収入と照らし合わせ相当と思われる養育費・慰謝料を内容とする離婚条件を提示しました。
当初,相手方は強硬な姿勢をみせ,依然として高額な慰謝料,養育費を請求してきましたが,相手方の主張に正当性がないことを指摘しつつ,最終的には離婚裁判を提起する姿勢を見せたところ,相手方が納得し,依頼者に有利な条件で離婚を成立させることができました。
このように,離婚をするにあたり,相手方が過剰な請求をしてくることは珍しくありません。早期解決のために過剰な条件を受け入れることも一つの選択肢ではありますが,自身が納得できる形での離婚を希望する場合,きちんとした根拠に基づいて相手方の主張が正当ではない旨主張する必要があります。
本人のみではなかなか根拠に基づいた主張をすることが難しい場合も多いため,専門家に相談することをお勧めいたします。

関連カテゴリはこちら