知人男性の元妻から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼者:女性
相手方:知人男性の元妻
受任から解決までの期間:約8か月

事案と結果

知人男性の元妻から、不貞慰謝料として200万円請求されたが、最終的に120万円で和解が成立した事案です。

事案の詳細

依頼者の女性が、知人男性の元妻(相手方)から不貞行為を理由として慰謝料を求める訴訟を提起された事案です。

この事案では、相手方は、依頼者の不貞により婚姻関係が破綻し離婚に至り、多大な精神的苦痛を受けたと主張して、依頼者に対して200万円の慰謝料を請求していました。

依頼者は、知人男性と肉体関係を持ったことは認めていたものの、当時、当該男性が既婚者であると知らなかったということで当所に相談に来られました。また、知人男性とその元妻の離婚原因が他にあるのではないかという事情もうかがえました。そこで、当所弁護士は、不貞の故意過失がなく不法行為が成立しないことを主張するとともに、損害額についても争いました。
依頼者は和解での早期解決を希望していましたが、相手方提出証拠について、不貞の事実関係を証明するに足りる証拠でないことを主張し続けた結果、相手方の請求金額であった200万円から減額された120万円の支払で和解が成立することとなりました。

弁護士からのアドバイス

不貞行為による慰謝料を請求された場合、個人でその金額が妥当なのかを判断することは非常に難しく、中には納得できないまま支払いをされてしまう方もいらっしゃいます。
また、今回のようにそもそも不貞行為にあたらないと主張できるケースもあり、その結果慰謝料を減額できる場合もありますので、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

当所弁護士は、依頼者様にとって最善の結果を得られるよう、丁寧に対応させていただきます。「慰謝料を請求されたが支払いが難しい」「相手方にどのように対応したらよいのか分からない」等、お困りの際には、どうぞお気軽にお問い合わせください。

慰謝料の最新記事