「自分の浮気・不貞」の解決事例

ダブル不倫により慰謝料請求をされたが、支払金額を減額し2ヵ月程度の早期解決をした事案

依頼結果

請求金額を200万円以上減額

依頼者:夫 相手方:不倫相手の夫 受任から解決までの期間:約2か月 事案と結果   不倫相手の夫から慰謝料を請求されたが、請求金額を200万円以上減額し依頼者、依頼者妻、不倫相手、不倫相手の夫との間で合意書を作成した。   事案の詳細   本件は、妻のいる依頼者が、既婚女性と不倫関係となり、不倫相手の夫から350万円を超える慰謝料を請求さ 解決のポイントを見る >>

知人女性の夫から、慰謝料を請求された事例

依頼結果

50万円の支払いで和解が成立

依頼者:男性 相手方:知人女性の夫 受任から解決までの期間:約1か月 事案と結果 知人女性の夫に対する、50万円の支払いで和解が成立した事例です。 事案の詳細 依頼者の男性が、知人女性の夫(相手方)から慰謝料を請求された事案です。 依頼者の男性は、当所に相談に来られる前に、すでに相手方と直接話し合いを終えており、その際50万円の支払いを依頼者自ら提示して相手方も納得していました。 解決のポイントを見る >>

不貞相手の夫から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼結果

最終的に50万円で示談が成立

依頼者:男性 相手方:不貞相手の夫 受任から解決までの期間:約1か月半 事案と結果 不貞相手の夫から、不貞慰謝料として150万円を請求されたが、最終的に50万円で示談が成立した事例です。 事案の詳細 依頼者は当初から不貞の事実を認めており、慰謝料を支払う意向を示していました。 もっとも、依頼者が自認していた不貞の期間等からしても請求金額が同様の事例と比較して高額であったため、減額交渉 解決のポイントを見る >>

協議による離婚の成立

依頼結果

養育費及び慰謝料について減額の上協議離婚が成立

依頼者:妻(30代,女性,会社員) 事案と結果 養育費及び慰謝料について減額の上協議離婚が成立した事例です。 事案の詳細 本件は、夫と妻との協議離婚を成立させた事例です。 本件の依頼者は,不貞行為を行ってしまったいわゆる「有責配偶者」でした。 依頼者は,相手方との離婚を希望していましたが,相手方はかなり攻撃的な性格で話し合いをしようとしても応じてくれない状況でした。 また,離婚の 解決のポイントを見る >>

知人男性の元妻から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼結果

200万円請求されたが、最終的に120万円で和解が成立

依頼者:女性 相手方:知人男性の元妻 受任から解決までの期間:約8か月 事案と結果 知人男性の元妻から、不貞慰謝料として200万円請求されたが、最終的に120万円で和解が成立した事案です。 事案の詳細 依頼者の女性が、知人男性の元妻(相手方)から不貞行為を理由として慰謝料を求める訴訟を提起された事案です。 この事案では、相手方は、依頼者の不貞により婚姻関係が破綻し離婚に至り、多大 解決のポイントを見る >>

不倫相手男性の妻から、高額な不貞慰謝料を請求された事例

依頼結果

慰謝料を400万円から70万円に減額

依頼者:女性 相手方:不倫相手男性の妻 受任から解決までの期間:約4か月 事案と結果 不倫相手男性の妻から、高額な不貞慰謝料を請求されたが、最終的に70万円を支払う内容で和解が成立した事例 事案の詳細 当該事案では、相手方は、依頼者と相手方夫との不貞により多大な精神的苦痛を受けたと主張して、依頼者に対し、400万円という高額な慰謝料を請求していました。 依頼者は当初から不貞の事実 解決のポイントを見る >>

依頼者の面会交流が認められ、調停が成立した事例

依頼結果

元妻が諸条件を承諾し、面会交流調停が成立

依頼者:元夫 相手方:元妻 受任から解決までの期間:約7か月 事案と結果 元夫が元妻に対し、子らとの面会交流を求めた事案です。 事案の詳細 本事案では、依頼者である元夫側の不貞が原因で離婚に至っていました。そのため元妻は、面会により子らに与える精神的影響を懸念し、面会を拒んでいました。また、結婚当時、依頼者が育児への関与の程度が低かったことも理由に挙げ、協議による面会の実現は難しい状況 解決のポイントを見る >>

不貞相手の妻から、不貞慰謝料を請求された事例

依頼結果

不貞慰謝料として300万円を請求されたが、最終的に50万円で示談が成立

依頼者:女性 相手方:不貞相手男性の妻 受任から解決までの期間:約4か月   事案と結果 不貞相手の妻から、不貞慰謝料として300万円を請求されたが、最終的に50万円で示談が成立した事案です。 事案の詳細 依頼者の女性が、不貞相手の妻(相手方)から、不貞行為を理由として慰謝料を請求された事案です。 当該事案では、相手方は、依頼者と相手方夫との不貞により多大な精神的 解決のポイントを見る >>

不貞相手の妻から、不貞行為を理由として慰謝料を求める訴訟を提起された事案

依頼結果

慰謝料150万円で和解が成立し、求償請求により不貞相手から一括で105万円の支払いを受けた

依頼者:女性 相手方:不貞相手男性の妻 受任から解決までの期間:約5か月 事案と結果 不貞相手男性の妻から、不貞慰謝料として550万円を請求する訴訟を提起されたものの、最終的に150万円で和解が成立した事案です。また本件ではその後、不貞相手に対し求償請求し、不貞相手から一括で105万円の支払いを受けることが出来ました。 事案の詳細 依頼者の女性が、不貞相手の妻から、不貞行為を理由として 解決のポイントを見る >>

原告から不貞慰謝料として150万円請求されていた事案

依頼結果

150万円請求されていたが、最終的には30万円に減額され、和解が成立

依頼者:男性 相手方:不貞相手女性の元夫 受任から解決までの期間:約10か月 事案と結果 原告から、不貞慰謝料として150万円請求されていたが、最終的には30万円に減額され、被告が一括で支払うことに同意する合意書を取り交わし、和解が成立した事案です。 事案の詳細 この事案では、もともと、原告は依頼者から元妻の携帯電話へ宛てたメールから,依頼者と元妻の不貞を疑い、元妻を問い詰めましたが, 解決のポイントを見る >>

<< 次のページを見る