知人女性の夫から、慰謝料を請求された事例

依頼者:男性
相手方:知人女性の夫
受任から解決までの期間:約1か月

事案と結果

知人女性の夫に対する、50万円の支払いで和解が成立した事例です。

事案の詳細

依頼者の男性が、知人女性の夫(相手方)から慰謝料を請求された事案です。

依頼者の男性は、当所に相談に来られる前に、すでに相手方と直接話し合いを終えており、その際50万円の支払いを依頼者自ら提示して相手方も納得していました。
もっとも、相手方とのやり取りや最終的な合意書の作成を任せたいとのことで来所されました。

すでに金額面で折り合いがついていたものの、合意後も相手方が依頼者の自宅を訪問する可能性などがあったため、当所弁護士は、自宅や職場への訪問など迷惑行為を禁じる条項を盛り込んだうえ合意書を作成し、結果として50万円の支払いで和解が成立することとなりました。

弁護士からのアドバイス

不貞行為による慰謝料を請求された場合、個人でその金額が妥当なのかを判断することは非常に難しく、中には納得できないまま支払いをされてしまう方もいらっしゃいます。
また、そもそも不貞行為にあたらないと主張できるケースもあります。

既に相手方と話し合いが終わっていて双方納得の結果が得られている場合には、後に再度金銭の請求をされるおそれを防ぐためにも、合意書等を取り交わすことが重要です。

当所弁護士は、依頼者様にとって最善の結果を得られるよう、丁寧に対応させていただきます。

「慰謝料を請求されたが支払いが難しい」、「相手方にどのように対応したらよいのか分からない」等、お困りの際には、どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連カテゴリはこちら