不貞相手の夫から、不貞行為に基づく慰謝料を請求された事例

依頼者:男性
相手方:不貞相手の夫
受任から解決までの期間:約1か月半

事案と結果

不貞相手の夫から、不貞慰謝料として150万円を請求されたが、最終的に50万円で示談が成立した事例です。

事案の詳細

依頼者は当初から不貞の事実を認めており、慰謝料を支払う意向を示していました。
もっとも、依頼者が自認していた不貞の期間等からしても請求金額が同様の事例と比較して高額であったため、減額交渉を行いました。

当所弁護士が相手方と交渉した結果、依頼者の希望どおり、慰謝料の金額を50万円に減額するとともに、分割で支払いをすることで合意が出来ました。

当初の請求金額は150万円でしたので、慰謝料額を大幅に減額することができた点だけでなく、事件の依頼を受けてから約1カ月半という、同様の事例と比較し非常に短期間で解決させることができた点も、依頼者にとって大きな意味があったと言えるでしょう。

弁護士からのアドバイス

慰謝料の支払いをする意向がある場合も、金額や支払方法、その他の条件をご自身で交渉することは、精神的にも負担が伴います。

弁護士に依頼した場合、窓口は弁護士が行いますので、相手方と直接やり取りを行う必要がなくなるというメリットがあります。

また、示談交渉が成立した際には、後の紛争を回避するためにも、合意書を作成し、形に残しておくことが重要です。

合意書には、不貞行為を認め謝罪の意を表明する条項、慰謝料の支払義務を認める条項、支払期限や方法に関する条項等、定めておくべき条項がいくつかあります。
また、合意書は、定められた金額の支払いが滞る等、将来、当事者間で問題が生じた場合には、訴訟等で証拠になる重要な書類ですので、作成に当たって不備があってはなりません。

法律の専門家である弁護士であれば、合意書の作成にあたって、今後起こり得る様々なトラブルを予想し、各条項を慎重に検討した上で、書面を作成することが可能です。

相手方とどのように交渉すれば良いか分からない方、相手方と概ね合意は出来ているがどのような内容で合意書を作成すれば良いか迷っておられる方等、お困りの際には、一度弁護士に相談されることをお勧めします。
当事務所は、不貞慰謝料に関する相談は初回無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

慰謝料の最新記事