「相手の浮気・不貞」の解決事例

妻から夫の不貞相手に対する慰謝料請求事件

依頼結果

相手女性が夫に対する求償権を放棄することを前提に50万円を支払うことで合意

依頼者:妻 相手方:夫の不貞相手 受任から解決までの期間:約4ヶ月 事案と結果   相手女性が夫に対する求償権を放棄することを前提に50万円を支払うことで合意が成立し、妻は金銭の支払いを受けることが出来た。   事案の詳細   妻(以下、「依頼者」といいます。)が、夫の不貞相手である女性に対して、不貞行為による慰謝料の支払いを求めた事案で 解決のポイントを見る >>

妻が、夫の不貞相手である女性に対し、慰謝料の支払いを求めた事例

依頼結果

相手女性が解決金170万円を支払うことで和解が成立

依頼者:妻 相手方:元夫の不貞相手である女性 受任から解決までの期間:約6ヶ月 事案と結果   相手女性が解決金170万円を支払うことで和解が成立した。   事案の詳細   妻(依頼者)が、元夫の不貞相手である女性に対して、不貞行為による慰謝料を請求した事案です。 当該事案では、妻が夫と裁判離婚し、裁判の判決で、夫が妻に不貞慰謝料1 解決のポイントを見る >>

妻が、夫の不貞相手の女性に対し、慰謝料の支払いを求めた事例

依頼結果

相手女性が依頼者に慰謝料150万円を支払うことで合意が成立し、強制執行認諾文言付の公正証書を作成

依頼者:妻 相手方:夫の不倫相手の女性 受任から解決までの期間:約3ヶ月 事案と結果   相手女性が依頼者に慰謝料150万円を支払うことで合意が成立し、強制執行認諾文言付の公正証書を作成した。   事案の詳細   妻が、夫の不貞相手の女性に対して、不貞行為に対する慰謝料の支払いを求めた事案です。 この事案では、依頼者である妻自身で相 解決のポイントを見る >>

妻から夫へ、離婚・財産分与・慰謝料を求めた事例

依頼結果

依頼者の希望どおりの条件で離婚が成立

依頼者:妻 相手方:夫 受任から解決までの期間:約8ヶ月 事案と結果   妻の希望どおりの条件で離婚が成立した。   事案の詳細   本件は、妻から夫に対し、離婚、財産分与、慰謝料を求めた事案です。 依頼者である妻は、夫の度重なる不貞や、不貞を反省する態度がなかったこと等から、子らが自立するタイミングで離婚をしたいとのことで当所にご相談 解決のポイントを見る >>

妻が、夫の不貞相手である女性に対し、慰謝料の支払いを求めた事例

依頼結果

相手女性が解決金50万円を一括で支払うことで和解が成立

依頼者:妻 相手方:元夫の不貞相手である女性 受任から解決までの期間:約1年3ヶ月 事案と結果   相手女性が解決金50万円を一括で支払うことで和解が成立した   事案の詳細   妻(依頼者)が、元夫の不貞相手である女性に対して、不貞行為による慰謝料を請求した事案です。 当該事案では、夫と相手女性が連れ立って出かけているところに妻が 解決のポイントを見る >>

配偶者が婚姻期間中に不貞行為を働いていた事が離婚後に判明し、妻に対し慰謝料請求をした事件

依頼結果

元妻に慰謝料25万円の支払いを認めさせる合意書の作成

依頼者:夫 相手方:元妻 受任から解決までの期間:約4ヶ月 事案と結果   元妻に慰謝料25万円の支払いを認めさせる合意書の作成   事案の詳細   本件は、婚姻期間中に不貞行為を働いた元妻に対して慰謝料を請求した事案です。 依頼者は、元妻と離婚後、婚姻期間中に元妻が不貞行為を働いていたことを知り、元妻に対し慰謝料請求をしたいと考え、当 解決のポイントを見る >>

妻と不貞行為を行った相手方に対し、慰謝料請求をした事案

依頼結果

不貞相手の男性に慰謝料150万円の支払いを認めさせる合意書の作成

依頼者:夫 相手方:不倫相手の男性 受任から解決までの期間:約1ヶ月 事案と結果 不貞相手の男性に慰謝料150万円の支払いを認めさせる合意書の作成   事案の詳細 本件は、自身の妻と不貞行為を働いた男性に対して慰謝料を請求した事案です。 依頼者は、別居中の妻が不貞行為を働いているとの事実を知り、慰謝料請求をしたいと考え、当事務所に相談にいらっしゃいました。 当事務所 解決のポイントを見る >>

自身の妻と不貞行為を行った相手方に対し、慰謝料請求をした事案

依頼結果

不貞相手の男性に慰謝料60万円の支払いを認めさせる合意書の作成

依頼者:夫 相手方:不倫相手の男性 受任から解決までの期間:3ヶ月 事案と結果   不貞相手の男性に慰謝料60万円の支払いを認めさせる合意書の作成   事案の詳細   本件は、自身の妻と不貞行為を働いた男性に対して慰謝料を請求した事案です。 依頼者は、元妻と離婚後、不貞行為の事実を知り、慰謝料請求をしたいと考え、当事務所に相談にいらっし 解決のポイントを見る >>

自身の妻と不貞行為を行った相手方に対し、慰謝料請求をした事案

依頼結果

不貞相手に慰謝料150万円の支払いを認めさせ、kotira接触を禁止する合意書の作成

依頼者:夫 相手方:不倫相手の男性 受任から解決までの期間:約2か月 事案と結果   不貞相手の男性に慰謝料150万円の支払いを認めさせ、依頼者や依頼者の妻への接触を禁止する合意書の作成   事案の詳細   本件は、自身の妻と不貞行為を働いた男性に対して慰謝料を請求した事案です。 依頼者は、事務所に来る前、相手方男性と話し合いを行い 解決のポイントを見る >>

妻が、夫の不貞相手である女性に対し、慰謝料の支払いを求めた事例

依頼結果

慰謝料100万円を一括で支払うことで合意が成立し、妻は慰謝料の支払いを受けることができた

依頼者:妻 相手方:夫の不貞相手である女性 受任から解決までの期間:約8か月 事案と結果 相手女性が夫に対する求償権を放棄することを前提に、慰謝料100万円を一括で支払うことで合意が成立し、妻は慰謝料の支払いを受けることができた事例です。 事案の詳細 妻(依頼者)が、夫の不貞相手である女性に対して、不貞行為による慰謝料を請求した事案です。 当該事案では、夫と不貞相手の女性との不貞 解決のポイントを見る >>

<< 次のページを見る