不貞相手女性の夫から、不貞慰謝料として500万円請求されていたが、最終的に100万円で示談が成立した例

依頼者:夫
相手方:不貞相手女性の夫
受任から解決までの期間:約2か月

事案と結果

不貞相手女性の夫から、不貞慰謝料として500万円請求されたものの、最終的に100万円で示談が成立した事案です。

事案の詳細

この事案では、相手方は、依頼者の不貞により婚姻関係が修復不可能となり、多大な精神的苦痛を受けたと主張して、依頼者に対して500万円という高額な慰謝料を請求していました。

依頼者は当所に相談された際、不貞相手女性との交際を認めており、相手方に金銭を支払う意向も示していたことから,当所弁護士は金額面での交渉を行うこととしました。相手方と交渉を重ねるうちに、相手方も早期解決を望んでいることが分かり、当初の請求額から大幅に減額した金額での和解に応じてもらうことが可能となりました。

慰謝料請求の事案では、訴訟にまで発展するケースもありますが、相手方の希望や意向を把握することで、交渉という形で早期に和解を成立させることができました。

弁護士からのアドバイス

不貞行為による慰謝料を請求された場合、個人でその金額が妥当なのかを判断することは非常に難しく、中には納得できないまま支払いをされてしまう方もいらっしゃいます。

そもそも、不貞慰謝料請求において、精神的苦痛を客観的に算定するのは困難なため、慰謝料の金額に明確な基準はなく、事案ごとに諸般の事情を総合考慮して判断することになります。
法律のプロである弁護士であれば、依頼者の方から必要な情報を聴取するとともに証拠を精査することで、請求額が妥当かどうか判断した上で、相手方との交渉や裁判所への対応まで一任して頂くことが可能です。

当所弁護士は、依頼者様にとって最善の結果を得られるよう、丁寧に対応させていただきます。「慰謝料を請求されたが支払いが難しい」、「相手方にどのように対応したらよいのか分からない」等、お困りの際には、どうぞお気軽にお問い合わせください。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事