妻が不貞行為を働いた夫から合計800万円の資産を譲り受けた事例

事案

妻が不貞行為を働いた夫との間において,妻が夫から共有名義であった自宅不動産の持分をすべて財産分与によって譲受けるとともに,約400万円相当の保険返戻金を譲り受け,夫が妻に対して合計金400万円の慰謝料を払うことで離婚が成立した事例。

弁護士からのコメント

離婚に際して大きく問題となるのが,共有名義の自宅不動産の処理です。

夫婦で自宅不動産を共有名義としている場合,銀行への借金の支払いを共同でしている場合が多いといえます。

この場合においては,大きく分けて二つの処理が考えられます。

まずは,自宅不動産を売却して住宅ローンを返済した後に,利益がでればそれを分配する。

どちらか一方が取得する場合においては,不動産査定書から住宅ローンの残債を引いた金額を取得者が相手方に支払い,住宅ローンの残債については,取得者が引き受けるといった処理をすることがあります。

 

協議離婚の最新記事

解決事例の最新記事