夫から妻へ離婚を求めた事例

依頼者:夫
相手方:妻
受任から解決までの期間:約3ヶ月

事案と結果

 

調停2回目で離婚が成立した。

 

事案の詳細

依頼者である夫(以下、「依頼者」)は、性格の不一致等から妻との離婚を希望し、妻に対し離婚を求めていたものの、妻が離婚に応じてくれないとのことで弊所にご相談に来られました。

依頼者は、何よりも早期に離婚が成立することを希望していたため、弊所弁護士が離婚調停を申立て、調停のなかで妻の離婚後の経済的不安を一定程度解消できる条件の提示を行ったところ、妻は調停の初回期日で離婚に応じる意向を示し、2回目の調停期日で離婚成立となりました。

 

弁護士からのアドバイス

今回のケースのように、配偶者が離婚に消極的な意向を示している場合であっても、弁護士が間に入ることで円滑に進み始めることが多々あります。
離婚を考えるに至る段階では、配偶者に対する負の感情を抱いておられる方も多いとは思いますが、配偶者に負の感情をぶつけるだけでは事態が悪化してしまう恐れもあります。まずは、配偶者が離婚に応じたくない理由をしっかりと探り、その理由を解消することが、結果として早期解決につながります。
当事者だけでは離婚の話が進められない、どのような離婚条件を提示すれば良いか分からないという方は、一度弁護士にご相談ください。

関連カテゴリはこちら