代理人同士の交渉の結果円満に協議離婚が成立した事例

依頼者:夫(50代,男性,会社員)

事案と結果

依頼を受けてから比較的速やかに依頼者が望む円満な協議離婚を成立させた事例です。

事案の詳細

本件は、夫と妻との協議離婚を成立させた事例です。

依頼者である夫は、相手方である妻の代理人弁護士から離婚についての交渉の件について書類が送られてきた段階で弊所にご相談に来られました。
依頼者である夫も相手方である妻も離婚そのものに争いはなかったため、争点となったのは「婚姻費用の金額」と「財産分与」でした。

夫も妻も双方に代理人弁護士がついており、また依頼者である夫は早期の解決を望んでいたため、婚姻費用、財産分与のいずれも、速やかに交渉を行いました。
その結果、婚姻費用については、当初相手方から請求されていた金額は双方の収入に照らし高額であると判断し、交渉の結果、適正な金額まで婚姻費用を減額することができました。

また、財産分与についても、双方で速やかに財産資料の開示を行い、代理人間で条件の交渉を実施し速やかに双方が納得のいく条件にて合意をすることができました。

最終的には、離婚合意書を作成し、依頼者の要望に沿う内容での協議離婚が成立することとなりました。

本件では、感情的な対立により話合いが難航しがちな離婚交渉について、弁護士が介入することで速やかに財産資料を収集・開示し、相手方との交渉も迅速に進めることで、依頼者が望んでいた早期かつ円満な解決を実現することができました。

協議離婚の最新記事