妻が、夫の不貞相手の女性との間で慰謝料300万円を一括で支払うことを内容とする合意書を作成し、慰謝料の支払を受けることができた事例

依頼者:妻
相手方:夫の不貞相手の女性
受任から解決までの期間:約2か月

 

事案

妻が、夫の不貞相手の女性に対し、慰謝料の支払いを求めた事例

弁護士からのコメント

妻が、夫の不貞相手の女性に対して、不貞行為に対する慰謝料の支払いを求めた事案です。

この事案では,不貞に関する有効な証拠が多く、不貞相手の女性が既婚者であって事件を早急に解決したいと望んでいたこともあり,弁護士からの内容証明到達後,速やかに和解することができました。

また、和解の際、相手方と取り交わした合意書には、慰謝料の金額や支払い方法、支払い期日だけでなく、今後夫と相手方の接触を禁じる条項をいれ、相手方が合意書締結後に夫と不倫を継続することがないように徹底して予防することができました。

====================================================
通常、配偶者の不貞に対する慰謝料請求事件において、相手方が不貞の事実を認めるか否かや、慰謝料の支払いに応じるか否かは、証拠の有無が大きなポイントとなります。そのため、どのような証拠が有効であるのかを正確に把握するために、まずは弁護士にお問い合わせいただくことをおすすめします。
また、本事案のように、配偶者の不貞発覚後も、当事者同士が夫婦関係を継続する選択をした場合においては,和解書に「今後不倫を継続しない」ための接触禁止等の条項をいれることが重要です。
慰謝料の請求に関して相手方との交渉はもちろん、書類の作成に関しても、不備なく、なおかつスピーディに対応し、依頼者の希望に沿った結果が得られるよう、弁護士がサポートして参りますので、お困りの際にはお気軽にお問い合わせください。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事