夫から子の引き渡し,監護者指定の調停を申し立てられた事例

事案

夫から子の引き渡し,監護者指定の調停を申し立てられたところ,夫からの引き渡し請求は認められず母に監護権があることが認められた事例。

弁護士からのコメント

監護者を取るためのポイントは,やはり一番重要なのは調停申立て時にどちらの側に子らが監護されているかです。

次に母性優先の原則等の話がでてきます。

実際に,子の監護者の調停になりますと,家庭裁判所の調査官が,どちらが監護者としてふさわしいかという調査を行います。

この調査官意見をもとに,裁判官は判断しますので,調査官意見でいかに監護者としてふさわしいのかを書いてもらうことが重要です。そこで,弁護活動としても調査が有利に運ぶように意見等を述べていくことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親権・監護者の最新記事

解決事例の最新記事