協議離婚を弁護士に依頼するメリット

弁護士の役割

離婚は,法的関係の解消です。

子どもの親権,養育費,財産分与,慰謝料,年金分割等,法的な取り決めをきちんと行ってから離婚することが必要です。

離婚条件の決定は,交渉事であるため,自分の要求を相手に一方的に主張するのではなく,協議のなかで,自分の主張と相手の主張の落とし所を上手に設定し,相互がそこに向けて譲歩するような形が理想です。

しかし,離婚する当事者は,感情的に対立している場合がほとんどであり,冷静かつ穏やかに話し合いをすることはほとんど期待できません。

また,そもそも当事者間で顔を突き合わせて話し合いの場を設けることすら困難な場合もあり,そのような場合には,離婚条件についての話し合いが一切ないまま離婚届を提出してしまい,後になってトラブルが生じ,「後の祭り」になってしまうケースも少なからずあります。

 

弁護士は法的な交渉のプロです。

弁護士をつけると,弁護士が依頼者の代理人として相手方と離婚協議を進めていくことになります。

当事者同士では,感情的な対立から,法的問題とは関係のない議論を展開してしまいがちです。これでは精神的に消耗しますし,時間がかかるばかりで交渉が滞ってしまいます。

弁護士が交渉に入ることで,相手と直接交渉しなければならないというストレスから解放されるだけでなく,よりスピーディに離婚条件をまとめることができるようになります

 

また,離婚条件の交渉の場面では,臨機応変に,協議離婚が不成立となった場合に続く調停離婚や裁判離婚での展開を見据えて,適切な判断をすることが必要になってきます。この点についても,法律のプロである弁護士に交渉を任せることで,知らないうちに自己にとって不利な条件で合意をしてしまうというリスクを回避するとともに,依頼者にとって有利な条件での合意を成立させることのできる可能性が高まります

 

当事務所の弁護士は,離婚案件を数多く手がけ,多様なノウハウを蓄積しています。離婚を検討されている場合には,できる限り早い段階から弁護士に相談し,そのアドバイスを受けることをお奨めします。

 

協議離婚を依頼した方が良いケース

とりわけ,

・相手方が離婚に応じてくれない。

・相手方配偶者と直接交渉をしたくない。

・相手方が弁護士に依頼している。

・離婚についてはお互い納得しているものの,金銭面について合意ができない。

・公正証書を作成して離婚したい。

といった場合には,弁護士に離婚協議の依頼をすることで,離婚問題をよりスムーズに解決できる場合が多いでしょう。

 

当事務所では,離婚問題がこじれて解決に費用,時間と労力を要することになる調停や裁判になる前の協議(話し合い)の段階で,問題を早期に解決することを心掛けています。

離婚を考えているものの,どのように,何からすべきなのか悩まれている方,又はどのような離婚条件を提案すべきか迷われている方は,一人で悩まず,まずは弁護士にご相談ください。

 

 

「協議離婚を弁護士に依頼するメリット」の関連記事はこちら