弁護士に相談するメリット

相手と直接会わずに離婚することが可能です
精神的な負担を大幅に軽減し、DVなどの危険性をなくすことができます。

より有利な条件での離婚をサポート
離婚に詳しい弁護士が相手と交渉し、財産分与や慰謝料が有利になるように進めます。また、相手方に一方的に丸め込まれるといった事態や調停において自分の主張がなかなかできないという事態も弁護士に依頼することで防ぐことができます。

離婚後のトラブルを未然に防ぎます
養育費、財産分与、年金分割、親権など離婚には数多くの問題が絡みます。離婚に詳しい弁護士に相談することで、総合的に漏れなく解決することが可能です。

緊急性の高いケース

以下のようなケース・お悩みを抱えている場合は、最善の一手を速やかに打つ必要があります。取り返しのつかない状況になる前に弊所へご相談ください。

岡山で離婚・男女トラブルで知っておきたいこと

離婚・男女トラブルのご相談の内容は様々です。ただ、その中でも、慰謝料の問題、離婚の手続き、親権や養育費といった子どもの問題、財産分与などのお金の問題、また、モラハラ・DVの問題はよくあるご相談として挙げられ、知っておきたい事項となります。

岡山で離婚・慰謝料でお悩みの方へ
〜ケース別離婚相談〜

           

女性の方、男性の方、熟年離婚を検討されている方、経営者の方、医師の方、公務員の方と、岡山で離婚でお悩みの方へ、ケース別に当事務所の弁護士にご相談いただけるよう、下記にコンテンツをまとめました。

           

当弁護士事務所の離婚・男女問題の解決事例

ご挨拶:離婚を検討されている方へ

代表弁護士 西村啓聡

弁護士法人西村綜合法律事務所代表弁護士 西村啓聡

「離婚を考えているが、夫に打ち明けられていない…」
「離婚した後の生活が心配でなかなか話を切り出せない…」
「離婚をするにはどのような手続きを踏めばよいかがわからない…」
              離婚を検討していても、当事者間ではなかなか話を切り出しづらかったり、どのようなステップを踏んで手続きを進めていけば良いのかがわからなかったりということがあるかと思います。これらの問題はなかなか人に相談しづらいので、一人で抱え込んでしまうということがあるかもしれません。
しかし,離婚に際しては,財産分与,養育費,慰謝料,子供の親権など,その後の人生に大きな影響を与えることを決めていく必要がありますので,離婚事件の経験豊富な弁護士など専門家に相談することは非常に重要であると思います。
岡山で離婚をお考えの方は、まずは離婚事件の経験豊富な当弁護士事務所までお気軽にご相談いただければと思います。早い段階から当事務所の弁護士ご相談,ご依頼をしていただくことで、離婚の慰謝料,財産分与,養育費,子どもの親権などの交渉等を有利に運ぶことができます。
また,当事務所では各弁護士がご依頼者様のお話を丁寧に聞かせていただき,そのお気持ちを最大限反映できるような弁護を心がけております。
当事務所では,離婚に関する初回相談を無料にしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

相談から離婚までの流れ

離婚サポートメニュー

               

当事務所では様々なご相談のニーズにお応えするため、複数のメニューをご用意しております。

自分で進めたい、サポートだけ受けたい

ご自分で手続や交渉を進めたい、という方向けに、所属弁護士がサポートするを行うプランもご用意しております。

離婚協議書作成プラン

離婚協議書の作成のみ、当事務所の弁護士がサポートいたします。

           

全面的に弁護士に任せたい方

離婚に関わる手続や、必要書類の作成、相手との交渉などを当事務所所属の弁護士に代行を依頼したい方はこちらをご覧ください。

離婚協議代理プラン

離婚全体の9割を占める協議離婚ですが、実際には相手方が応じてくれない、直接交渉をしたくない、相手方に弁護士がついているなど、実際に有利に進めるには様々な障害があります。
調停や裁判に発展する前の段階で解決できるよう、手続や交渉を当事務所所属の弁護士が代行するプランになります。

離婚調停代理プラン

協議離婚で夫婦双方の合意が取れない場合、裁判所に間に入ってもらって離婚するかどうか、その諸条件を決めるために調停を行うことになります。
必ずしも弁護士に依頼しなければならないものではありませんが、慣れない手続や交渉の場面で弁護士がいることは、離婚についての不利益な条件を避けるための手段になります。
調停の際に発生する手続、交渉を当事務所が代行するプランになります。

離婚訴訟代理プラン

調停離婚が不成立になり、それでも離婚を希望する場合は離婚訴訟を提起することになります。
訴訟になった場合は本人の力のみで進めることは大変難しく、弁護士に依頼して行うのが通常となりますので、ご相談をお勧めいたします。

※その他、ご相談がございましたらぜひ一度お問い合わせください