妻の夫に対する財産分与・慰謝料請求を減額した事例

事案

妻が夫に対して裁判上財産分与・慰謝料請求として金700万円を請求したところ,夫が妻に対して解決金200万円を支払うことで裁判上和解をした事例。

弁護士のコメント

離婚裁判における最大の争点の一つは,財産分与になります。

財産分与は夫婦共有財産が対象となりますが,退職前に退職金は共有財産になるか否か,婚姻期間中に取得した不動産の金銭評価をどのようにするか,婚姻前に取得した預貯金はどのように財産分与に反映するのか等様々な問題があります。

財産分与における弁護士の役割は,協議,調停,裁判を通じて大きいといえます。

裁判離婚の最新記事

解決事例の最新記事