いろいろな状況に応じた対応策について

 

自身が離婚請求する側である場合

まだ、配偶者に離婚を切り出していない段階

どのタイミングで離婚を切り出すかは、非常に悩ましい問題です。安易に離婚を切り出せば、配偶者から非難され、場合によっては暴力を振るわれたりする場合もあるでしょうし、仮に首尾よく配偶者が離婚に応じてくれたとしても、十分に離婚条件を詰めていなかったために、不利な内容での離婚に至っていたという場合もあり得ます。

より良い条件で離婚しようと思えば、離婚を切り出すタイミングや伝え方、伝えるべき内容も大事ですが、財産分与のための財産調査、親権を取得しようとするならば適切な養育環境の整備など、事前準備が必要となります。また、自身が有責配偶者なのか、配偶者に有責性があるのか、といったことも踏まえた準備を行うことが大切です。こうした準備を怠ったまま、見切り発車的に離婚を切り出す方も多く、離婚を切り出したはいいものの配偶者に主導権を握られ、不利な状況に置かれるといったことがあります。

離婚を切り出すのは、親権、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割など、様々な法的問題に関する交渉をスタートさせる行動です。そのような重要な判断ですので、どうか一人で悩まないでください。

離婚を切り出すかどうか、どう切り出すべきか迷っている方は、まずは当事務所にご相談ください。

 

調停申立を検討している段階

配偶者との離婚を検討している方の中には、配偶者との離婚協議がうまくまとまらず、「離婚調停」という方法を考える方もいらっしゃると思います。調停手続では、離婚そのものだけでなく、離婚後の子どもの親権者を誰にするか、親権者とならない親と子との面会交流をどうするか、養育費、離婚に際しての財産分与や年金分割の割合、慰謝料についてどうするかといった財産に関する問題も一緒に話し合うことができます。調停を申し立てること自体は複雑なことではありませんし、それほど手数料もかかりません。

しかし、調停を有利に展開させようとすると、離婚にまつわる各論点についての法的・実務的な知識が必要となります。また、調停は直接配偶者と話し合いをするのではなく、調停員を通じた話し合いになりますので、調停員の対応についても十分に留意する必要があります。

このように、調停で離婚を進めていくにしても、様々な事項を理解し、注意深くしなければなりません。当事務所では、これまで多くの離婚調停を経験し、独自のノウハウを蓄積しております。少しでも離婚調停を検討されている方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。いずれのケースにおいても、一人で悩んでいては解決することが困難なことがほとんどだと思います。また、離婚問題は非常にセンシティブなものであり、友人や家族にも相談することを躊躇してしまうかもしれません。仮に、友人などに相談しても、話は聞いてもらえるかもしれませんが現実的な解決策を提示してもらうことは期待できないでしょう。やはり、離婚問題について豊富な知識や経験を持った弁護士に相談し、適切なアドバイスを受けるのがベストだと思います。

当事務所では離婚問題を多数扱っており、ご相談いただいた方、ご依頼者の個別の状況に応じた対応策を考え、提案致します。

離婚問題について、少しでもお悩みの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

「いろいろな状況に応じた対応策について」の関連記事はこちら