調停離婚

夫が、妻に離婚を求めた事例

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約1年 事案と結果 夫が、妻に財産分与として122万円を一括で支払うこと、子の養育費を協議した金額にて月々支払うこと、子が20歳に達するまで自宅を無償で貸与すること、妻が夫と子の宿泊付きの面会交流を認めること等の条件で離婚が成立した事例です。 事案の詳細 夫が妻に離婚を求めた事案です。 本事案では、依頼者である夫は、性格の不一致を理 続きを読む >>

2年以上離婚協議が進展しなかったが、離婚調停において妻が離婚に応じ、離婚が成立した事例

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約2か月 事案と結果 未成年の子の親権者を妻とすること、子が20歳になるまで夫が養育費を支払うこと、夫が子と面会交流をすることを認めるという内容で、調停に代わる審判での離婚が成立した事案です。 事案の詳細 夫が、妻に対し離婚調停を申し立てた事案です。 この事案では、妻に結婚当初から浪費癖があったほか、夫が掃除をしてもゴミ屋敷状態にす 続きを読む >>

妻から離婚調停及び婚姻費用分担調停を申立てられた事例

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約3か月 事案と結果 離婚すること、未払分の婚姻費用及び子の養育費を夫が支払うことで調停が成立した事案です。 事案の詳細 本件は、依頼者である夫が、妻から離婚調停及び婚姻費用分担調停を申立てられた事案です。 依頼者である夫は、妻から離婚調停及び婚姻費用分担請求調停を申し立てられたものの、相当な養育費や婚姻費用の金額が分からないことや 続きを読む >>

夫が、妻に解決金100万円および、子らの養育費を毎月支払うこと、夫名義の自宅を明渡すことを約束し、妻が離婚後の夫と子らの面会交流を認めた上で、調停離婚が成立した事例

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約12か月 事案と結果 夫が妻に離婚を求めた事案です。 事案の詳細 依頼者である夫は、妻と結婚当初から、性格の不一致等で折り合いが悪く、当所に相談に来られる前から、既に1年以上別居している状態でした。 依頼者は、以前から妻に離婚を求めていたものの、話し合いが進展せず、当所に相談に来られました。 調停において、当所弁護士はまず、 続きを読む >>

元妻が、依頼者である元夫が子らと月に1回程度面会することを認め、調停が成立した事例

依頼者:元夫 相手方:元妻 受任から解決までの期間:約7か月 事案と結果 元夫が元妻に対し、子らとの面会交流を求めた事案です。 事案の詳細 本事案では、依頼者である元夫側の不貞が原因で離婚に至っていました。そのため元妻は、面会により子らに与える精神的影響を懸念し、面会を拒んでいました。また、結婚当時、依頼者が育児への関与の程度が低かったことも理由に挙げ、協議による面会の実現は難しい状況 続きを読む >>

夫が、妻に解決金300万円および、子供の生活費や別居期間中の婚姻費用等を一括で支払うとともに、夫が一定期間、妻に自宅を無償で貸与することに同意した上で、離婚が成立した事例

依頼者:夫 相手方:妻 受任から解決までの期間:約7か月 事案と結果 夫が妻に離婚を求めた事案です。 事案の詳細 依頼者である夫は、妻と結婚当初から、性格の不一致等で折り合いが悪く、約20年の婚姻生活のうち、かなり長い期間を別居もしくは家庭内別居している状態でした。 依頼者は、当所に相談に来られる前も数年にわたり、妻に離婚の相談をしていたものの、条件面で折り合がつかず,交渉はなか 続きを読む >>

夫が、養育費や財産分与の支払いに加え、別居期間中の未払い婚姻費用を支払うことを認め、調停離婚が成立した例

依頼者:妻 相手方:夫 受任から解決までの期間:約11か月 事案と結果 離婚に際し、夫が養育費や財産分与等に応じず、協議は不成立となり、離婚調停に移行したものの、最終的には夫が養育費等の支払いに応じることを認め、離婚が成立した事案です。 事案の詳細 この事案では、もともと、夫は妻との離婚に合意はしており、親権を妻が取得することには争いはありませんでした。しかし夫は、養育費や財産分与、別 続きを読む >>

離婚に応じない夫との離婚が成立した事例

依頼者:女性 相手方:夫 争点:性格の不一致による離婚 結果:離婚成立 解決方法:調停 事案 離婚に応じない夫との離婚が成立した事例 弁護士からのコメント 夫との性格の不一致が原因で,妻が離婚を求めた事案です。 明らかな離婚原因が存在しない事案であり、仮に訴訟になった場合、離婚請求が認容されないであろう事案でした。 当初、夫の離婚に対する態度は消極的でし 続きを読む >>

長年DVの被害にあっていた妻から夫に対して離婚調停を申し立てた事例

事案 長年DVの被害にあっていた妻が弁護士をたてて,夫に対して離婚調停を申し立てたところ,当初夫は離婚に反対したが,調停委員と共に夫を説得したところ離婚が成立した事例 弁護士のコメント 長年DVの被害にあっていた女性は,なかなか夫を恐れて離婚に踏み出せないケースが多いといえます。 その場合においては,別居先を見つけた後に,弁護士に調停を依頼し,実際に別居した直後に弁護士から夫に受任通知 続きを読む >>

財産分与にて退職金を考慮したうえで調停離婚を成立させた事例

依頼者:妻 相手方:夫 離婚原因:性格の不一致 離婚等の種類:調停 財産分与 企業年金の半額の支払い 支払い方法:分割/受任から解決までの期間:約6か月 事案 財産分与で退職後の企業年金の扱いについて争いとなった事案です。夫側は、企業年金は財産分与の対象ではなく考慮すべきではないと主張していました。 弁護士からのコメント 本件では,夫はすでに会社を退職していましたが,離婚調停時 続きを読む >>

<< 前の記事を見る