親権・監護者

夫から家を追い出された上で子供と面会することを拒絶された妻が子の監護権を獲得した事例

依頼者:妻 相手方:夫 争点:子の監護権 結果:依頼を受けてから、早急に子の監護者指定・引き渡しの審判を申し立てたことにより、子の監護権者となることができ、夫から子の引き渡しを受けることができた 解決方法:家事審判(子の監護者指定、引き渡し) 事案 夫から家を追い出された上で子供と面会することを拒絶された妻が子の監護権を獲得した事例 弁護士からのコメント 妻が、子の監護 続きを読む >>

希望どおりの面会交流条項を獲得した事例

事案 夫が,別居時において妻方において養育をしていた子の監護者となることはできなかったものの,希望どおりの面会交流条項を獲得した事例。 弁護士からのコメント 子の監護者指定・引き渡し事件を当事務所では多数受任していますが,やはり依頼者の手元に子供がいないケースにおいては監護権を認めてもらうことは困難なケースが目立ちます。裁判所は,現在の環境を変えるところまでの判断はなかなか出さないからです。 続きを読む >>

子の引渡しの調停を申し立てられた事例

依頼者:妻 相手方:夫 離婚原因:性格の不一致 離婚等の種類:調停 受任から解決まで約10か月 事案 妻が二人の子供と一緒に別居をしていたところ,夫から子の引き渡し等の調停を申し立てられた事案です。調停においては,裁判所の調査官による調査が入り,妻の実家への家庭訪問等も行われましたが,何ら問題もなく,継続性の原則により,妻の監護者親権が認められました。 弁護士からのコメント こ 続きを読む >>

夫から子の引き渡し,監護者指定の調停を申し立てられた事例

事案 夫から子の引き渡し,監護者指定の調停を申し立てられたところ,夫からの引き渡し請求は認められず母に監護権があることが認められた事例。 弁護士からのコメント 監護者を取るためのポイントは,やはり一番重要なのは調停申立て時にどちらの側に子らが監護されているかです。 次に母性優先の原則等の話がでてきます。 実際に,子の監護者の調停になりますと,家庭裁判所の調査官が,どちらが監護者と 続きを読む >>